スポンサードリンク

NECライティング株式会社:★★セット販売★★NEC蛍光灯 ライフライン2 40W形 昼光色 FLR40...
スポンサードリンク

NECライティング株式会社:★★セット販売★★NEC蛍光灯 ライフルックHG 20W形 3波長形昼白...

蛍光灯の端子から電力を分岐する給電技術をNECが世界で初めて開発

NECと蛍光灯について簡単に書いていこうと思います。NECと蛍光灯をインターネットで調べてみると、一つ気になる記事を見つけました。NECと蛍光灯についての3年前の記事なのですが、NECは蛍光灯から世界で初めて、電力を取得可能な給電技術を開発したと発表していたのです。その開発に併せて、携帯電話端末の赤外線通信インターフェースを利用した位置IDを受信する携帯電話端末のミドルウェアも開発したこと、そして天井の高さが10m程度でも携帯電話端末の位置管理が半径1~3m程度の精度で行う事が可能な高出力の「照明タグ」を開発したことも発表していたのだそうです。ご存知でしたでしょうか

 ナビソフト付きのBluetooth GPSレシーバーPDAと一緒に使って、安価なナビゲーションシステムが...

照明タグで位置情報を取得

NECの蛍光灯から電力を取得する技術では、インバーター型蛍光灯内の電流が発生する磁界を利用しているそうです。この電磁誘導で発電する給電技術と、ラピッドスタート型蛍光灯の端子から電力をタップオフするという給電技術を開発したのだそうです。
これは既設のNECの蛍光灯照明に照明タグを取り付をするだけで、そのタグが位置IDを発信するそうです。
このインバーター型蛍光灯照明向けの「電磁誘導型照明タグ」と、ラピッドスタート型蛍光灯照明向けである「タップオフ型照明タグ」を開発したのだそうです。
この開発によって現在販売されているほぼすべての蛍光灯に対して信頼性とを確保することが可能になったのだそうです。
NECが開発したこの給電技術を利用することによって、電源工事を行なわずともに、蛍光灯照明が利用されていれば、屋内環境に低コストで位置ID発信機を導入することが可能になるという事です。また、携帯電話端末のミドルウェアと高出力の「照明タグ」を利用することによって、携帯電話端末に新規のハードウェアを追加することなく、高精度な位置管理が屋内でも可能になるということです。
これは携帯電話事業者が提供しているGPS衛星などを利用した位置管理サービスと連携することによって、屋内外問わずに位置情報サービスを利用することが可能になるのだそうです。
NECでは今後、開発した給電技術の製品化に向けた開発を進めていくということです。そして照明業界各社とのアライアンスなどによって、いろいろな屋内環境への普及活動を促進するとしています。携帯電話端末のミドルウェアについては、携帯電話事業者各社の協力を得ることによって製品化を進めると結んでいました。現在の進捗状況が気になるところです。

蛍光灯給電技術で駆動する無線LANネットワークカメラ

また、この蛍光灯給電技術で駆動する無線LANネットワークカメラを開発しました。このネットワークカメラはIEEE 802.11b準拠の無線LAN機能も搭載。さらに今回は蛍光灯から取得できる電力に応じて映像の撮影頻度を自動制御する機能を新たに開発し、消費電力を手動調整することなく最良の画質で撮影できるといいます。
NECではネットワークカメラによる映像利用システムは電源配線やネットワーク敷設といった工事のコストシステム全体の導入コストの半分を占めていますが、本カメラによってコストの課題を解決し、社員の在籍状況や会議スペースの空き状況確認、店舗での来客行動分析といった映像利用システムが経済的に構築できるとしています。

NEC蛍光灯